痛くない気功整体院の整体教室の日記【愛西市・津島市・稲沢市・あま市の野口気功整体院】

痛くない気功の整体を元にしたセルフケア体操やイベント教室案内やカラダが楽になる整体についてまとめてみました。ご相談・予約は0567-97-3585までお気軽にどうぞ。

*

いい姿勢を取る方法

   

二月ですね。

二月は乾燥の季節。

水分をまめにとって過ごすといいですよー。

僕は、1リットルくらい飲んでます。

唇のひび割れも今年はまだないです♪

さて、今日の話題は「いい姿勢」。

いい姿勢のについて書いてみます。

参考にしていただければ嬉しいです。

 

いい姿勢の定義

いい姿勢って言われてもどんな姿勢っていなりますよね。

なので、僕なりのいい姿勢の定義をまとめておきました。

 

「いい姿勢」=「楽な姿勢」

 

シンプルにいうとこれです。

楽っていうのは、1時間や2時間その体勢でいても大丈夫な姿勢。

つまり。

力んでいない状態の事。

1時間や2時間、力が入っていたら大変ですもんね~。

 

いい姿勢のポイント

いい姿勢のポインとは、力が入っていなくて安定した姿勢です。

ですが、どうしたらいいのかわからないですよね。

そこで3つのポイントにまとめてみました。

 

ポイント① 骨格のバランス注意

バランスがとれた骨格が安定した態勢を導きます。

地球には重力があるので骨格が安定した位置にないとカラダの力みにつながります。

 

ポイント② カラダのパーツの位置

手と足と頭の位置に注目。この位置がずれると体勢が不安定になります。

 

ポイント③ 関節の可動域

関節が固まていると良いポジションや骨格のバランスが崩れる原因になります。

 

この3点を意識するといい姿勢がとれるようになります。

 

いい姿勢を取ってみよう

では実際に取ってみましょう。

骨格のバランス。カラダを前後に倒しましょう。そして、左右にも。最後にねじり運動。

だいたいこの3つの動きをするだけで関節の動きとと骨格が整います。

毎日するとカラダが、スッキリします♪

次に、鏡の前にたちます。

くるぶしの上に骨盤の一番高い頂点の骨が来るように調節。

その後に、骨盤の上に肩が来るように調節。最後に顎を少し引きます。

スポンサードリンク

実際にこれをすると「えっ」となるくらいつらい体勢ですけど、これがいい姿勢。

ちゃんと「骨」という骨格でカラダを支えている状態です。

 

まとめ

姿勢って本当にどれがいいのかわからないと思います。

ここで上げた姿勢はいい姿勢ですが、どこか痛いところがあった場合は適した姿勢ではありません。

例えば、飲みすぎたり食べ過ぎたりしたときは、やっぱり前かがみになっておなかをさするような姿勢が楽だったりします。

姿勢は日々変わります。

あまり悪くなりすごないように、時々見直すと健康維持に役立つと思います。

 

少しでも参考になればうれしいです。

 

 

 

☆☆☆ブログオーナー情報☆☆☆

野口気功整体院HP 自己紹介  メルマガ登録はこちらから

愛知県愛西市千引町西五反田246-2

お休み 金曜日・その他

営業時間 朝9時~夜8時

メニュー・料金案内 カレンダー はじめての方へ アクセス

お電話 0567-97-3585

メール info@yuruyuruseitai.com

カラダすっきり整体教室ブログ  整体院ブログ 肩こり解消ブログ

予約や相談も気軽にどうぞ。ライン@はこちら
友だち追加

スポンサードリンク

 - 整体セルフケア, 氣功整体