【愛西市の氣功整体】野口気功整体院の整体教室

野口気功整体院の整体セルフケアまとめです。健康の考え方・整体体操・セルフケア方法について書いています。ご予約・相談は0567-97-3585までお気軽にどうぞ。

*

慢性痛の特徴

   

慢性的な痛みの特徴

1痛みの原因が明らかでない。
2田鎖品症状を呈する。
3痛みの継続的な機関が長いほど、痛みの原因に関わらず、精神症的な傾向が強くなる。
4痛みの悪循環がある
5一般的な急性痛で用いられるような治療法は効果的でない

痛みの悪循環について
痛みがあることにより、ストレスや不定愁訴を引き起こす。そして免疫力や自律神経のバランスをくずしさらに痛みを引きおこす事。

心因性かどうかの見分け方

痛みに対してうつ症状を伴うケースがある。

そのため、心因性の疾患と勘違いされることが多いので見分け方を紹介します。

 

質問1)抑うつ気分の確認

「気分が重い、憂うつ、絶望感を感じることはありますか?」

質問2)」興味・喜びの喪失

「何かやろうとしても、興味わかなかったり、楽しくなって感じることありますか?」

 

施術的特徴

圧痛 軽くつまむだけで広範囲が痛む

疑似負荷試験 肩と骨盤・頭部と肩を一致のまま回旋させると痛みが出る。

氣そらし試験 声をかけながら検査を行うと陰性になる

神経学的所見 末梢神経支配に合わない痛み、脱力があったにもかかわらず筋力は正常

過剰反応   表情・筋力低下・虚脱・発汗・ふるえ

こんな人は要注意

慢性痛になりやすい方には疼痛気質と呼ばれる特徴的な考え方や行動パターンがあります。

・痛みに対する不安のあまりインターネットなどで自分に不利になる脅迫的な情報ばかり集めてしまう。

・「自分だけがどうして」「動いたら悪化するから動かない」などネガティブな感情に支配されやすい。

考え方や行動を変えていくことが第一歩になります。

整体的解決方法

慢性的な痛みは、習慣から来ていることが多い。

積もり積もったカラダの使い方や考え方のゆがみがを治すことが大事である。

整体では、姿勢を大事にする。

姿勢をよくすることで、ココロも安定する。

まずは、カラダにいい姿勢を覚える事。そして、それを習慣化することが大切です。

 

 

スポンサードリンク

 - 知識